トップページ    RC活動    RCの取り組み

RCの取り組み

レスポンシブル・ケア(RC)とは

 化学工業界では、化学物質を扱うそれぞれの企業が化学物質の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄・リサイクルに至る全ての過程において、自主的に「環境・安全・健康」を確保し、活動の成果を公表し社会との対話・コミュニケーションを行う活動のことを言います。レスポンシブル・ケア(RC)とは


当社の取り組み

 当社は、1997年に当時のJRCC(現:日化協レスポンシブル・ケア委員会)に加盟し、品質・環境・安全の基本理念と行動指針のもと、推進組織が中心となって活動を展開しています。 段階的にISO9001・ISO14001・OHSAS18001(宇部工場のみ取得)の認証を取得して、レスポンシブル・ケアのレベルアップを図ってきております。


1992年 宇部工場 ISO9002の認証取得
1994年 大竹工場 ISO9002の認証取得
1997年 宇部工場 ISO9001の認証取得
1997年 宇部工場 「日本レスポンシブル・ケア協議会(JRCC)入会
1999年 大竹工場 ISO19001の認証取得
1999年 大竹工場 ISO14001の認証取得 登録No.JCQA-E-0084
2000年 宇部工場 ISO14001の認証取得 登録No.JQA-EM0920
2003年 宇部工場 OHSAS18001の認証取得 登録No.JQA-OH0037
2004年 ISO9001宇部工場と大竹工場を統合して更新 登録No.JCQA-1508  

先頭に戻る

RCの取り組み
RC報告書
製品安全情報
事前安全評価
操業安全